使い方

OKのポーズの男性自分に合った婚活サイトを見つけることができれば、結婚相手と出会えるまでもう少しです。
しかし、この婚活サイトの使い方を間違えてしまうと、せっかくのチャンスが水泡に帰すこともあります。せっかく婚活サイトに登録したのですから、最大限にチャンスを活かせるようにしましょう。
そのためにも、どのような点に注目してサイトを利用すれば良いのかをここでまとめています。上手に使えば1年以内の結婚も決して夢物語ではありません。

アドバイザーがいる場合はまず相談!

婚活サイトには、アドバイザーがいるところと、いないところがあります。
もしあなたの利用している婚活サイトにアドバイザーがいる場合は、一人でなんとかなると意地にならずにこまめに相談してみましょう。人は自分の言動や服装などの見た目に関することは、悪いところがあっても気付かないものです。アドバイザーさんから指摘されることで、人として成長できたと解答される方は少なくありません。

プロフィールは重要

婚活サイトにおけるプロフィールはとても大事なものです。自分に興味を持ってくれた人は、まずそこで自分に関する情報を見てくれます。性格や容姿、アピールポイントなどを見たうえで連絡するかどうかを決めるのです。
ということは、もしプロフィールで相手にマイナスな印象を与えてしまえば、それだけ入り口をせまくしていることになります。まただからといって、曖昧なことや嘘を書いておくのもNG。入り口だけを広くしたり、嘘の入り口を作ったりしても、交際や結婚などを決める段階になって断られてしまいます。
これでは、一人一人に時間ばかりかかってしまい、結婚相手を見つけるまで時間ばかりがかかってしまいます。
そのため、プロフィールは自分がどのような人間なのかをある程度知ってもらえるように、項目をできるだけ埋めるのは基本中の基本になります。もちろん他にも婚活サイトのプロフィールを書く上で注意するべきポイントはいくつもあります。

結婚に対して本気かどうかを伝える

プロフィールのなかには必ず自由に記入できる欄があります。
ここは、他の項目と違って自分の情報を載せる場所なのではなく、気持ちを載せるべき場所です。
どのような気持ちで結婚相手を探しているのか、どのようなことをしたいのかなどを載せることで、自分の人間性や考えを相手に伝えることができます。
例えば、できるだけ早く結婚したいと思っているなら「パートナーとしてずっと歩いていける人を探しています」などと書いておくと、本気で相手を探しているという気持ちが伝わりやすくなります。またゆっくり相手を探そうと思っているなら、「まずはデートを何回かしてお互いを知れたら良いなと思いおます」などと書いておいても良いでしょう。

こうしておくことで、結婚に対する熱量が同じような人と出会いやすいというメリットもあります。いくら良い人と出会えても、結婚願望の強さが違うとなかなか成婚まで結びつきません。プロフィールに自分の気持ちを書いておくことは、このようなズレをできるだけ少なくするためにもおすすめなのです。

写りが良すぎる写真はダメ

プロフィールに載せる写真でよくありがちなのが、自分をよく見せようとして本人とは思えないほど写りの良い写真を選ぶことです。もちろん、ある程度写りの良い写真を載せるのは問題ありませんが、あまりにも実物と差があるものはNGです。差が大きければ大きいほど実物と会った瞬間に落胆させてしまうからです。そのため、写真で自分の120%を出すのではなく、実物が120%になるよう写真を撮っておくのが理想的です。

ネガティブな内容は書き方を考える

プロフィールには短所など自分のマイナスポイントを書く欄が存在します。
どれだけ優れている人でも短所が1つもない人なんていません。そのため、1つや2つの短所なら誰にでもあるはずです。
実はこの短所、プロフィールのなかでも非常に重要なポイントで、間違えてしまうと連絡をくれる人の数が大きく下ってしまいます。自分のマイナスポイントなので、仕方ない部分もありますが、それをカバーするような書き方を身につけておけば、それだけで短所が短所に見えなくなります。

例えば、「頑固者」と書くとなんだかものすごい石頭の人が出てきそうなイメージですよね。いくらそこまで良いなと思うプロフィールであっても、短所に頑固者と書いてあっては連絡を取りづらいものです。
そこでもう少しニュアンスを弱めて、「意地っ張り」「強がり」なんて言葉にしてみましょう。頑固者と比べると、なんだか柔らかい雰囲気になりましたよね。
このように自分の短所は、言葉の選び方に気をつけて記入することが大事です。素直に記入しすぎたり、嘘をついたりするのは、その後に響きます。本当のことをできるだけ柔らかく伝えるようにしましょう。

メールで共感したことを伝える

婚活サイトを使うのに欠かせないのがメールですよね。
いくらたくさんの人から連絡が来ても、ここで失敗してしまっては出会うところまで発展しません。
このメールで特に大切にしておきたいのが、まず共感です。
例えば、相手の好きな食べ物や音楽、趣味などで自分と同じものがあったら、それをアピールしましょう。共感は相手から好印象をもってもらえる一番簡単な方法です。自分のエピソードなどを混ぜておくと、相手もより共感しやすくなります。

最初は一人だけに絞らない

婚活サイトでは基本的に新しい会員にはたくさんの方から連絡が入ります。
そのため、登録してからすぐというのは婚活サイトを利用するうえでとても大事なポイントです。
この時に、意識しておきたいポイントが、誰が誰だかわかる程度まで人数を絞ること。多すぎても少なすぎてもいけません。この時期に結婚相手と出会うことも少なくないので、自分に合うかどうかしっかりと確かめていきましょう。

実際に利用した体験者の声を集めました

婚活サイトを利用して成功の鍵を掴もう

カテゴリリスト
ただいま記事はございません
アーカイブリスト
ただいま記事はございません
更新履歴
2015/02/20
相手を探す前に知っておくことが盛りだくさん!パートナー探しの心得を公開しました。
2015/02/20
正しい使い方をすれば怖いものはありません!ネット婚活はサイトを活用しようを公開しました。
2015/02/20
経験者は語る!体験談を公開しました。
2015/02/20
みんなが気になっているよくある質問を公開しました。
2015/01/14
そもそもサイトってどうやって選べば良いの?
なんて疑問をお持ちの方に読んで欲しい婚活サイトの選び方を公開中
2015/01/14
ネット婚活するならどうしても気になる
婚活サイトのランキングを公開中
どれを選べば良いのか迷っている方は必見!
2015/01/14
結婚相手を見つけたい人のために
役立つ情報を発信する
婚活マッチングを公開しました。
いちばん上まで戻る