プロフィールの書き方について

履歴書婚活パーティーに参加する時、プロフィールシートを書くというのはよく知られていることではないでしょうか。このシートに、氏名、年齢、趣味、年収、好きな異性のタイプなどを記入して、お話をする相手に自分の存在をアピールします。
単なるシートと思うかもしれませんが、書き方一つで会話が盛り上がったり、次のデートにつながるキッカケになったりしてくれます。書き方のコツは、 相手が「ん?」と思うポイントを作ること。相手がサラッと読み流せてしまう内容だと、パーティーが終わった後に「連絡先を交換したけど、相手の顔が思い出せない...」という状況になってしまうかもしれませんので、しっかりと記入する内容を考えておきましょう。

第一印象が重要な婚活パーティー

婚活パーティーに参加する時、頭を悩ませるのがプロフィールの書き方です。
パーティーには、20人以上という大勢の人が参加するものも多いです。たくさんの人が来場するので、好みの人も見つかりやすいというメリットがあります。ただし色々な人と出会える分、1人と話せる持ち時間が短いという問題もあります。
参加者は、瞬間的に「いいな」と思えるかどうかを判断してその後の行動を決めます。つまり第一印象だけで判断しなければならないし、こちらもよく知らないうちからお話したい相手を選ばないといけません。つまり婚活パーティーに参加する上で、プロフィールシートの書き方は非常に重要です。
プロフィールシートは、お互いを知るための唯一の手がかりです。これは仕事の面接の際に持って行く履歴書と同じくらい大切なものです。履歴書ほど固いものではありませんが、相手に与える印象を左右するものなので、パーティーが始まる前に何を記入するか考えておくといいでしょう。

パーティー前から勝負は始まっている

パーティーが始まる前は、期待で胸がいっぱいになっている頃だと思います。
しかし大切なのは、パーティーに参加することではありません。気になった相手と確実にデートをするためには、それなりに戦略を立てる必要があるのです。
例えば、婚活パーティーは持ち時間が短いというのを知っておかないと、十分に会話ができないまま終わってしまう可能性があります。なぜならパーティーはスピード重視なので、直感で相手を決めるところがあるからです。そのため会場に着く前にも、頭の中でプロフィールシートに何を書こうかシミュレーションしておきましょう。 「実際のシートを見てみないと、何を書けばいいかわからない」という時は、相手に何を知ってもらいたいか?というのを考えてみましょう。持ち時間が短い婚活パーティーにおいては、相手に知ってもらいたいことを後回しにせず、最初にアピールするべきなのです。

パーティーの前に準備しておきたいこと

  • POINT1

    プロフィールシートに書く内容を考える

  • POINT2

    書きたいこと、書きたくないことを整理する

  • POINT3

    相手に一番知ってほしいアピールポイントを決めておく

  • POINT4

    シートを見た相手が、思わず質問したくなるようなポイントを作る

  • POINT5

    次のデートにつなげる会話をシミュレーションしておく

相手が質問したくなるようなポイントを作る

正直言って、普通にプロフィールシートを書いても面白くありません。色々な質問に対して素直に答えただけでは、相手も「ふーん」となって終わってしまう可能性があります。だからと言って、プロフィールシートに根拠のないことを書く必要はありませんが、少しでも興味を抱いてもらえるような書き方の工夫は必要です。
例えば趣味が映画の場合、「映画」とそのまま書いてしまうのではなく、より具体的な映画の題名を書く方が印象に残りやすいでしょう。そうすると、分からない人はそのままスルーしますし、映画に詳しい相手であれば共通項が見つかって話が盛り上がるはずです。
特に趣味がないという人は、学生時代のアダ名などでもかまいません。名前とまったく関係ないアダ名などが書かれていると、「どうしてそのアダ名なのですか?」と聞きたくなりますよね。このように、会話はちょっとしたことから盛り上がるので、尋問のような持ち時間にしないためのアイディアは欠かせないものなのです。

答えたくないところは答えなくて大丈夫!

プロフィールシートに記入する項目は、毎回違うと思っておいた方がいいでしょう。
中には、現住所や学歴などを書く場合もありますが、答えたくなければ都道府県名や最終学歴などだけ記入しても問題ありません。どうしても書きづらいことはムリに記入しなくてもいいですが、項目はできるだけ埋めるように心がけましょう。あまりにも項目がスカスカだと、相手に「真面目に結婚相手を探す気があるのかな?」という印象を与えてしまうおそれがあります。婚活パーティーでは第一印象がかなり重要なので、真面目なお付き合いをする気持ちがあることをアピールしましょう。また埋められない項目があったとしても、相手と盛り上がれそうな話題は作っておきましょう。

次のデートにつなげられるような工夫を

気になった相手とデートするには、「その他大勢」と思われないための工夫が必要です。
次のデートにつなげるには、まず会話を盛り上げないといけません。中には持ち時間が5分未満というケースもあるので、短い時間の中で自分の魅力をアピールするには、やはりプロフィールシートの書き方が重要です。
食べることが好きなら、趣味を書く欄に「食べ歩き」と記入してもいいでしょう。そうすることで、「美味しい店を知ってるよ」とデートの誘いにつなげやすくなるのです。
つまりプロフィールシートは単なる自己紹介文ではなく、会話を盛り上げるためのツールであったり、次のデートにつなげるキッカケになったりしてくれるものなのです。
プロフィールシートをうまく活用して、婚活を成功につなげましょう。

プロフィールシートを書く時のコツ

  • 書きたくないことは、ムリに書かなくてもOK!
  • 項目はできるだけ埋める方が好印象を与えやすい
  • 好きなことは素直に書く方が会話を広げやすい
  • シートを見た人がどう思うかを常に意識しながら書く
  • プロフィールシートは次につなげるためのツールと心得る

実際に利用した体験者の声を集めました

婚活サイトを利用して成功の鍵を掴もう

カテゴリリスト
ただいま記事はございません
アーカイブリスト
ただいま記事はございません
更新履歴
2015/02/20
相手を探す前に知っておくことが盛りだくさん!パートナー探しの心得を公開しました。
2015/02/20
正しい使い方をすれば怖いものはありません!ネット婚活はサイトを活用しようを公開しました。
2015/02/20
経験者は語る!体験談を公開しました。
2015/02/20
みんなが気になっているよくある質問を公開しました。
2015/01/14
そもそもサイトってどうやって選べば良いの?
なんて疑問をお持ちの方に読んで欲しい婚活サイトの選び方を公開中
2015/01/14
ネット婚活するならどうしても気になる
婚活サイトのランキングを公開中
どれを選べば良いのか迷っている方は必見!
2015/01/14
結婚相手を見つけたい人のために
役立つ情報を発信する
婚活マッチングを公開しました。
いちばん上まで戻る