結婚=幸せなのか

手のひらの中のハート今は晩婚化が進んでいますが、これは「結婚をしたくない人」が増えた結果なのでしょうか?本当のところはわかりませんが、女性の社会進出が進み、平均寿命が延びた結果が晩婚化につながる要因と考えられています。

結婚をすると、家族が増えます。家族が増えると、当然のことながら生活費の負担が増えます。独身の時は、仕事を休んだとしても困るのは自分だけですが、結婚をすると家族の暮らしを支えていかないといけないので責任が重くなります。また休日は家族サービスで時間を取られ、自由な時間が奪われるという問題もあります。 それでも結婚をする人や、婚活を始める人が後を絶ちません。それでは結婚で得られるメリットとは、どのようなことなのでしょうか。

結婚をするメリット

  • 家族が増える
  • 嬉しいことやおめでたいことがあった時に、家族と喜びを分かち合える
  • 仕事と家事などを分担できるので、暮らしが安定しやすくなる
  • 好きな人と一緒にいられる
  • 辛い時や病気の時に支え合える

このように、結婚をすると責任が重くなる反面、嬉しいことや楽しいことを共有できるというメリットがあるようです。また病気になった時に支え合うことなども可能なので、身の回りに起こる問題を一緒に乗り越えていけるという利点もあります。 つまり結婚をすると暮らしがより豊かになり、苦しみも喜びも分かち合えるというのが最大の魅力だといえるのではないでしょうか。

結婚をすれば、必ず幸せになれるのか?

「結婚をすれば必ず幸せになれるか」と問われたら、それを答えられる人はおそらく誰もいないでしょう。どんな人生にも、苦しみや悲しみがつきものです。また、苦しみや喜びのない平凡でありふれた日も多いです。また生涯独身を貫くという選択肢もありますので、必ずしも「結婚=幸せ」とは言い切れません。しかしながら、それでも結婚をする人が多いのは、それだけ魅力があるからということです。

もともと家族ではない2人が一緒に暮らし始めるのですから、衝突は必ず起こります。時にはケンカをすることもあるかもしれませんが、その時に2人を助けてくれるのが楽しい思い出です。同じ家で暮らすようになれば、当然相手のイヤな部分や気になる部分も見えてきます。それでも一緒にいたいと思えるかは、それまでに2人で積み上げてきた思い出がものを言うでしょう。家族が増えると大変な日も多いですが、2人で過ごした楽しい日々を思えば、辛いことも乗り越えて行けるはずです。
結婚が幸せというよりも、2人で幸せを作り上げていくというイメージを持っておく方がいいでしょう。

新婚生活は短い

「好きな人と一緒にいられる」と思っても、甘い新婚生活は飛ぶように過ぎていきます。
生活を共にするパートナーといっても、できるだけ相手に寄りかからないように自立した生活を歩む必要があります。なぜならパートナーの依存は、心の余裕が失われる原因になるからです。
心に余裕がないと、お互いに優しくするのが難しくなります。一つ屋根の下に暮らしていても、それぞれに別のやるべきことがあることを知りましょう。

ルールは2人で作っていく

もともと違う家庭で育った2人は、時に価値観の違いで衝突することもあるでしょう。しかし、お互いに自分が育った家庭での常識を持ちだしていたらキリがありません。夫婦のルールは2人で作ることを心がけておけば、幸せな結婚生活に近付けることも可能です。
またパートナーが困っている時は、積極的に助ける姿勢も必要です。仕事と家事はどちらも大変なので、専業でも分業でも、お互いを思いやる気持ちを持ちながら接していくのが大切です。

実際に利用した体験者の声を集めました

婚活サイトを利用して成功の鍵を掴もう

カテゴリリスト
ただいま記事はございません
アーカイブリスト
ただいま記事はございません
更新履歴
2015/02/20
相手を探す前に知っておくことが盛りだくさん!パートナー探しの心得を公開しました。
2015/02/20
正しい使い方をすれば怖いものはありません!ネット婚活はサイトを活用しようを公開しました。
2015/02/20
経験者は語る!体験談を公開しました。
2015/02/20
みんなが気になっているよくある質問を公開しました。
2015/01/14
そもそもサイトってどうやって選べば良いの?
なんて疑問をお持ちの方に読んで欲しい婚活サイトの選び方を公開中
2015/01/14
ネット婚活するならどうしても気になる
婚活サイトのランキングを公開中
どれを選べば良いのか迷っている方は必見!
2015/01/14
結婚相手を見つけたい人のために
役立つ情報を発信する
婚活マッチングを公開しました。
いちばん上まで戻る